PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世界市場が欧米にシフトしていく中、任天堂開発の今後あり方をコメント記事。



今世界市場は北米を中心に回り始め、世界規模での開発が余儀なくされはじめる中
任天堂の今後の展望についての記事。

http://blog.wired.com/games/2007/11/nintendo-no-pla.html


任天堂上級副社長ジョージハリソンがコメント。
「私は米国でより多くのソフトウェア開発をここで要求する任意の計画に気づいていない」
「より多くのソフトウェア、および生産に関する実際の決定は日本で、宮本氏を含む岩田
および経営チームによって駆り立てられます」

メトロイドプライム3はレトロスタジオが京都の任天堂の監視のもと制作。
ターゲットは西海岸にすむ人々。

ウェスタンデベロッパーファーストパーティー任天堂ソフトウェアで開発された
プロジェクトハンマーの任天堂公式発言は「開発が保留状態である」。

wiiは日本より上回っていて毎週50万ユニットを販売。

任天堂は、ゲームキューブ時代に北アメリカの開発へ拡大することを試みましたが
それらの日本のタイトルと同じくらい高評価な製品の作成には特に成功しませんでした。

Nintendo Pennant Chase Baseballがクオリティの問題で取り消されました。
Nスペースによって制作されたGeistは開かれました。ですがcritical drubbing.
(大失敗?

ハリソンは、西側の聴衆に適したゲームを作成するために米国で基づいた
サードパーティーに目を向けるといいます。
「それら(サードーパーティー は、DS、およびWiiの上の大きな仕事をしています。
それらは私たちが特に上手でないスポーツ、またはほかのジャンルのカテゴリー製品を
提供する傾向があります。

それらは、ウェスタンデベロッパーであるので、西洋の好みを備えた傾向があります。」

したがって、当分の間はメトロイドプライムファーストシリーズの成功は
任天堂が繰り返すことを望んでいるものであるようには見えません。


・・・という内容。任天堂自体は開発を日本中心にすえる方針には変更がない模様。

N64時代にセカンドパーティー構想を海外で展開したものの不調に終わったことが
今の海外におけるサードとの関係重視になっているみたいです。

ニンテンが海外製で成功しているのはメトロイドプライムシリーズやファミコンウォーズwii
マリオストライカーシリーズなど数本しかないのが現状。

任天堂は今後も国内開発が基本!
スポンサーサイト

| [ピックアップ・ゲーム情報]イロイロ(マルチなど | 19時30分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

レアが優秀過ぎただけに(今は化石ですが)
求められる基準も高いのでしょうか。

| 二世 | 2007/12/01 01:08 | URL | ≫ EDIT

旧レア社とレトロスタジオがブッチギリ
ですよねぇ~
あれに基準をあわせるのは日本企業でも
むずかしいのではと。。

| marukomu | 2007/12/02 13:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://segafan.blog62.fc2.com/tb.php/4598-eb6bb361

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。