PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

プラチナゲームズ稲葉氏ロングインタビュー記事。



クローバー解散→プラチナゲームズへと移行したプロデューサー
稲葉氏の海外インタビュー記事。

FEATURE: Seeds of Change : Next Generation - Interactive Entertainment Today, Video Game and Industry News - Home of Edge Online

プラチナゲームズへの移行は必然だったそう。さらに元SNK社員だったことも判明。
カプコンからの離脱は「大きい会社ではやれることに限りがあるから」という見解。
「カプコンにはその余地がなかった」とも。

クローバーのネーミングを残さなかったわけは?について
私たちが基本にかえる必要があった。その意味で、クローバーが種子に戻る必要がありました。
花が種子から発芽するとき、あなたが、何が外に伸びるかを確かに知らないとき、
驚きのレベルがあります。

これはSeedsも後ろ(クローバー)と同じ考えです。
そして、私たちはSeeds名の下で少しのゲームもリリースするつもりではありません。
私たちは最初のタイトルのためにPlatinumGamesに改称しました」

・・・と意味がわかるようなわかならいような見解。バンドの結成したときのコメントに近いかも。

クローバーで出来なかったことが現在は可能か?という問いは
「スタッフとリソースには限界がある。私たちはAからZまで多くの技術的な仕事を
しなければなりませんが完全な自由を持っている。
私たちのできることは大企業からしたら気が重いことです。
最も安全な道を好んで、良いビジネスに推論します。

西洋でギアオブウォーやゴットオブウォーのようなタイトルでうまくいくことを見ています。
私たちを自分達に挑戦させる会社のサイズを持つことになっています。」

・・・とクリエイターらしい発言。

クローバーでしたゲームでほこりに思っているのは?については
「大神です。創造性、独創性、および品質があるだけではなく、彼らが以前持ったこと
がなかった経験をユーザに提供したことを願っています。

商業上の成功はしませんでしたが、私が理由について考えるなら、それが市場、
または注意を向けていないユーザのためにそうであると言うのは簡単過ぎるでしょう。
理由が私たちの責任であると信じています。
 
Cloverの創造性における重大事件と、スタジオとしての私たちの開発で主要な瞬間でした。」

・・・と要点抜粋。イイゲームだったけど売れセンではなかったという感。

クローバーでの特性をもっとも働かせたい要素は?との問いに
「純粋に創造的な意味で、それはViewtifulジョーでしょう。
本当に概念から固有の可能性のすべてを搾り取りたいと思います。

別の考えは最近のDSゼルダのように大神をやり直すだろうことです。
私たちがまだ私たちの心にはある両方のゲームに含むことができなかった考えがあります。」

・・・と大神DS化か??という発言。

ほかのタイトルから再利用するか?については
「私は、唯一の道が完全に新しくて、何か独創的なものを伴うことであると思います。
私たちのアクションゲームに関して知られているので、あなたは、
私たちが盛込まれるタイトルをその強さの要素にしているのを見るかもしれません。」

・・・とアクション要素に強みがあるという趣旨。

カプコンから独立しているので多くの仕事のオファーがあるか?という点について
「私たちには多くの申し出があります。大きいウェスタン会社の多くは私たちに
連絡したというでしょう。彼らは、それらのためにゲームをするように私たちに
頼んでいませんが、したいと思うこと、私たちがどう働くつもりであるか、
そして、および同様のものを知りたがっています。」

・・・と動向が注目されているよと発言。

任天堂市場でコアゲーマー向け内容でどう近づくか?について
「私は値下げの上のソニーの全体の振舞いでいらいらしていました。
WiiとDSは非常によく売れていますが、任天堂はベストセラー開発者です。
創設した新販路の最も良い理解があります。

任天堂は今状況に関して非常にハッピーですが、私たちのような開発者のために
ハッピーであることができます。そして、たぶん大部分には私たちがいます。
そして、状況は難しいです。

私たちはXbox360を伴いますか? 市場が全く日本にありません。
次に、私たちのゲームは米国に成功しているかもしれませんが、私はヨーロッパで
そんなに上手にしているという感じを持っていません。

ソニーに関して、ブランドのパワーは日本と海外で良いかもしれませんが、
まさしくインストールされた十分なマシンがありません。
正直なところ、私たちは上記のいずれでもない市販のプラットホームを
ほとんど望んでいます。
もちろん、これが可能でないので、私たちは市場に順応しなければならないでしょう。」


・・とPS3はふがいない、XBOX360は市場そのものがない、wiiはハッピーだけど
難しいという開発者の心境コメント。

携帯ゲーム機はビジネスチャンス?について
「重要な商機であると思います。ただその市場でテストするのがまだ
私たちの目標ではない。
私たちの優先権は私たちが良いことをし続けることです。
私たちは、コンソールの上にまだより良いのに欲しく、傑作をリリースします。

私たちの名前が確立されて、その時操縦するより多くの余地を持っているとき
私たちは他の市場を考えるでしょう。」

・・・・と次回作は携帯機ではリリースされない、据え置き機で挑戦ということらしい。

海外でグローバルアプローチをする?について
「海外、日本の外で成功する私たちの挑戦です。海外市場は莫大でダイナミック。
私たちはまた、日本の市場でも働くつもりです。

私が、何人かのクールな性格を引き起こすようにキャラクタデザイナーに頼むと、
私たちがすばらしいと考えることは必ず日本の外(海外 で同じになる
というわけではないでしょう。

私が、海外のプレーヤーのためにクールな性格を考えるように彼に頼むと、
確かに、彼はどうそれをするかによって当惑するでしょう。

ゴットオブウォーは日本のゲームの非常に強い風味があるゲームです。
私たちはそのようなタイトルを作るべきでした。
そして、まだ、これに焦点を再び合わせるのが必要です。

私たちは本質を忘れたので海外でうまくいっている日本のゲームを見ません。
私はサイクルがあるというのを信じています。
日本のクリエーションは、時々非常にダイナミックであって、ウェスタンになるでしょう。
(西側で作られているゲームのようになる

・・・と本質を忘れた原因はなに?という発言。

影響を与えるキャラクターを作れるか?について
「私たちには、何人かの日本のテレビゲームで最も良いキャラクタを作成した
弊社に非常に有能な人々がいます。

聴いて、見て、学ぶこの必要性は私と共にこれまで以上強いです。
私たちがそれらの大きいタイトルを作っていたとき、日本のテレビゲーム産業は
ダイナミックでした。そして、私たちは賞賛されました。

人々は、私たちの仕事が大きいのがわかりました。 しかし、その時は過去です。
そして、現在、私たちは挑戦者です。

日本の会社が合併して、より大きくなるのに従って、それらはしても
構われないそれらが思っていることがさらに制限されます。

この挑戦を満たすのは、私たちのもののような会社の次第です。
私たちがそうしないなら、ここの私たちの産業が運命づけられると恐れます。

そして、私が、何が私の周りで起こっているかを見るとさらに関係があると感じます。
ギャップは現在巨大です。私たちは回復するために本当に一生懸命働く必要があります。
この一部になりたいと思います。」

・・・と最後は決意表明でオワリ。

DSで大神を出したいけどまだ挑戦する時期ではない。
さらに日本では選択肢が限られている。そして世界市場で勝負という趣旨に。
あとソニー批判も。

第一弾はwiiで(ほぼ 決定!

PS3が普及したらPS3、ネバーリューがでたらDSでという感じ?

スポンサーサイト

| [ピックアップ・ゲーム情報]イロイロ(マルチなど | 11時16分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

な、長い^^;

しかしクローバー信者である自分にはよだれの出る美味しい記事です!
個人的には海外市場を視野に入れてるみたいだし
クローバー好きはソフトが出れば本体ごと買うようなマニアックな層な気がするので
XBOX360で出る可能性が高いように感じました
次いでWii・・・かな(ソニーに良い印象持ってないみたいだしシェア的にも不安定なのでPS3は厳しいか)

まぁ何で出ようと本体ごと購入する事に変更は無いんで
早いところ発表して欲しいもんです
クローバー倒産から1年半も待ってるヨ・・・(´ー`)

| 八宝菜 | 2008/01/17 12:44 | URL | ≫ EDIT

いや~これは予想外に時間が掛かったwww
30分の予定がなんと1時間・・・。
いいネタがないと基本的にやらないのですが
読んでくれる人がいてよかったw

海外市場はたしかに360強いですからねぇ~
海外重視で日本でもと考えるならアリでしょうね。

大神のコンセプトがそのまま受け継がれてソフトを
開発しているなら期待できるタイトルになれそう。
特に大手では出来ないタイトルと公言しているしねw

| marukomu | 2008/01/17 12:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://segafan.blog62.fc2.com/tb.php/4966-41080d9f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。