PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【アート】「ぼくのなつやすみ」リアルバージョンの子供たちショット。



現代の子供たちはイキイキしてない(できない 生活を強いられているわけですが
そんなこととは無縁な日常を送っている東南アジアの子供たちのリアル「ぼくなつ」ショット集。


~以下見る世代によって感性が違うかも?ショット。




「おい、どうした?」といわんばかりの木の上から友達に声を掛けているシーン。
自然に囲まれいる風景がとてもやさしく感じます。自分たちしか知らない秘密の場所かも。



木の木陰で読書に耽る少年。本に夢中になりながらも自然を体感しているという贅沢さは
ここの子供たちには日常的。空気がとてもおいしそう。



セピア色の風景が古い世代には懐かしく等身大、若い人にはカルチャー的な新鮮さがありそう。いいっす。



木陰に腰掛けて休憩ぎみだけどみんなやっぱり元気。子供は夢中になると疲れ知らず。



池に入って水遊び。子供たち最高!


・・・これらショットを自分もイイ感じで見入ってしまいましたよw自然を体現できるというのも
今の子供には難しいかもしれませよねぇ~

以下昔懐かしい風景&もしくは新鮮なショット残りは下から。
Linkinn - Rarindra Prakarsa Photography-kids
スポンサーサイト

| [情報系]フォト&ムービー | 19時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://segafan.blog62.fc2.com/tb.php/5403-a5ae2f01

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。