PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今回はかなりすごいよ「Sonic Unleashed」プロデューサーインタビュー記事.





前回に引き続きソニック最新作の海外インタビューが掲載中。

Media: New Sonic Unleashed Screens, Plus Recap of Play Interview ::: Kombo.com - Video Games, News, Zelda, Halo 3, Grand Theft Auto, Mario, Super Smash Bros. Brawl

発言したのは前回同様橋本氏。
疑問となっていたドリームキャストから続いているソニックの延長線上でもある
PS3版やXBOX360版とドウ違うの?ということに触れるコメントを残しています。


~以下今回は本気モードだな記事。




情報元は海外雑誌のPlay Magazine。
「ソニックの原点に戻る、新鮮で新しさがあり生まれ変わる」
と明言。

開発は今回も日本のソニックチームですがゲームデザインなどは
PS3などのソニックやそれ以前のソニック(
アドベンチャーやヒーローズソニックのひみつのリング)
とはことなる新しいメンバーだそう。

開発メンバーは若く天才的な100人以上にもなる大規模なプロジェクトのよう(とはいうものの
wii版やPS2版なども平行開発されているから実質2本同時に制作しているような
そのメンバーの一部は過去に開発担当したソフトをみたらあっと驚く人もいるとか。(何?

「開発環境、開発環境の方法論、ゲームデザインのアプローチ、プロジェクト管理
すべてがよくなっている」
とも。

「チームはソニックを愛していています。過去にソニックのゲーム性の問題、および開発過程
における問題を理解していてそれに打ち勝つために働いています。
」と問題点を指摘。

世界中のセガに関するうわさを解決するため(現状のセガのあり方やソニックのぞんざいな
扱い方だった前作など?)橋本氏はセガオブアメリカ&ヨーロッパのプロデューサーと
綿密に働いているそうで「グローバルなチームのワールドワイドな努力」
と称し、
確実に最高のソニックを提供するでしょうと自信満々。

ゲームプレイは3Dと2Dの2種類が混じっているようなニュアンスで記載されていて
前回同様「クラシックなソニックッファンが2Dゲームプレイが好きであることを
理解しています」


「考えと設定はソニックアドベンチャーに基づいているが、ゲームプレイ感覚は
オリジナル
(アドベンチャー とは異なる」と記載。

前作次世代版の最大の問題点だったソニックローディング問題に関しては
最低限になるように設計されている
と述べてます。

ソニックシリーズには必ずといっていいほど新キャラクターが登場していますが
今回はどうなの?との問いかけに
「以前決して見られなかった方法で彼の世界を挑戦して広げています」とイミシン。

ゲームはソニックアドベンチャーのような街がある模様でそこで人との会話を交わすそう。
ただ「アクションゲームであるという事実を見失っていない」とアドベンチャーテイストは薄そう。
ソニックの冒険に対するバックグラウンド的な内容。

クイックステップやソニックドリフト、Stompingや、ウォールジャンプなど新しい
アクション動作が盛り込まれている
そう。

「完全に新しいタイプのソニックになっているでしょう」と橋本氏が念を押してます。
PS3とXBOX360には新ツール「ヘッジホッグエンジン」で製作されていると
明かし、ツールの制作に3年もの期間を費やしていたことが発覚。

スクエニのホワイトエンジン同様wiiにも対応させるべく開発者は一生懸命に
取り組んでいると発言。

音楽はDSのソニックラッシュの人が担当!(=ジェットセットラジオなども担当した人
ノリのいい軽快なポップス調になるのは確実。

PS3と360バージョンとwiiバージョンの2つの開発チームがあることを明かし
PS3と360チームが開発において妥協なしでリリースできるものに焦点を合わせているそう。

Wiiバージョンはステージデザインとコントロールにおいて異なり
「両方買うかもしれない、ステージがまったく異なるようにもなる」と同じネーミングで
ありながら別のゲームでもあるかのような発言
も。

wiiの開発はソニックチームではなくディンプスが担当!
(旧SNKチームが中心の会社でソニックラッシュなどを手がけていたメーカー
こちらも音楽はソニックラッシュの担当の人。

ゲームローカライズ(多国間の言葉 にも力を入れる模様。


・・・と抜粋。内容を見ているとセガの龍が如く!シリーズに負けないどころか
それを上回るセガNO1タイトルを作るべくして制作されているみたい。

パイオニアを生み出した精神が再び戻ってきたみたいだね。
コレならこのソフトは大丈夫っぽい。音楽担当の人がジェットセットラジオの人に
なったのは個人的にはイメージチェンジが出来ていいね。むしろ好みだったりw

スポンサーサイト

| [ピックアップ・ゲーム情報]イロイロ(マルチなど | 10時45分 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

期待できる!

Wii版はPS3/360版とは内容が違うんですね~。後者がセガ内部の開発チームということですか。わかりました、Wii版とPS3版を買うことにします。

| りきいし | 2008/04/29 13:32 | URL | ≫ EDIT

もうはやおかいあげ決定^^;
まぁ意気込みはつたわりますよねw
とりあえずソニックの最高傑作元祖や2を超える
作品に仕上げてほしいデスね。

| marukomu | 2008/04/29 16:15 | URL | ≫ EDIT

サウンドディレクターは大谷さんという方で、
長沼さん(JSR)が音楽を担当してるとは原文の方に書いてありませんよ。
ラッシュは作曲が長沼さんで、サウンドディレクターが大谷さんでした。

| ロム | 2008/04/29 20:22 | URL | ≫ EDIT

おぉ、そうなのですか。。
ご指摘サンクスです!
音楽はテクノポップ調のノリノリタイプになることを期待!

| marukomu | 2008/04/30 05:03 | URL | ≫ EDIT

ディンプスか‥‥‥

| コンタ | 2008/05/03 11:33 | URL | ≫ EDIT

そう悲観しなくてもいいかもですよw
・・・・まだグラフィックなどは公開されていませんけど。。

| marukomu | 2008/05/03 11:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://segafan.blog62.fc2.com/tb.php/5657-8847dc38

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。